ホーム>子犬を迎えるにあたって

子犬を迎えるにあたって

子犬を迎えるにあたって

決して勢いや妥協などで子犬をお迎えしないで下さい。
沢山のワンチャンを見てじっくりと時間を掛け、ご家族で話し合ってください。
これから先10年以上、家族として共に生活して行きます。
納得いく子を迎えて欲しいと思います。
後に後悔に繋がるような事のないように子犬を迎えて下さい。

母犬や兄弟犬との関わりで子犬達は犬の社会性を学び、
それが最も大切な事だと考えているため、当犬舎では、
生後60以降からのお引渡しとなりますのでご了承下さい。

子犬を迎える準備

ゲージ

まずは子犬がゆっくり出来る場所が必要です
サークルやゲージなど子犬のお部屋を作ってあげてください
今はいろいろなタイプのものが売っていますのでお部屋に合うものを選んでみてください
置く場所は、風通しがよくリビングなど家族に会える場所の一角がいいかと思います。
家族の顔が見える場所である事は、来たばかりの子犬も安心しますし今後もいろいろな変化を一番見てあげられる場所で最適です
その中にトイレとベッドを分けてあげてください
サークル・ゲージの大きさは子犬に合わせず大きくなる事を考えてサイズを選んであげて下さい

夜鳴き対策

大きな布をサークルにかぶせて暗くしてあげたりいらなくなったTシャツなどを一緒に子犬のベッドに入れてあげると安心します(必ず夜鳴きが直るという訳ではありませんのでご参考程度に)
夜鳴きをしてもかまってはいけません
いつまでたっても直らなくなります
飼い主から見て困る事は「たった1度」で覚えてしまうものです
気になる場合は気づかれないようにそっと様子を見てあげて下さい
あとは我慢するのみ
最初のしつけの第一歩です
トイレトレーニングはすぐに始めて下さい
子犬は見ていれば今したいのかどうかわかります
寝起きや食事の後などトイレに連れて行ってちゃんと出来たら沢山褒めてあげてください(トイレが近くなるとクルクルまわったりソワソワしたり、匂いを嗅いだりします)
間違えても怒らないで排泄物の匂いが残らないようにキレイに掃除してください

食器・トイレ

食事用1つ用意してください
お水はペットボトルを利用してサークルやゲージに取り付けられる給水機
用意したお部屋に合うものでいいでしょう
そしてフードを用意しましょう
さまざまなフードがあります
出来るだけ良いものを選んであげてください
トイレトレーとトイレーシートをご用意ください(当方ではワイドサイズを使用してます
悩んだ時はご相談ください

シャンプー・リード&カラー・ブラシ・爪きり・おもちゃ・おやつ&ガム

毎回トリミングは費用もかかりますので、コミュニケーションをとる意味でも是非飼い主さんが自らやってあげてみて下さい
慣れないうちは大変ですがワンコも喜びますし安心します
スキンシップを兼ねて是非頑張ってみて下さい
リード&カラーはお散歩で使います
初のお散歩までに何度かカラーをつけてあげて慣れさせるといいです
最初はお散歩は怖いし、カラーは嫌がると思います
少しでも初のお散歩を楽しいものにする為にカラーにだけは慣らしておきましょう
お散歩へは必ずワクチンを済ませてから行ってください
マナーの為にもお散歩にはビニールとティッシュは必需品です
おもちゃやガム・おやつはしつけやストレス解消に成長期の子犬の歯の生え変わり時期はむず痒くなり甘噛みします
そんな時にガムを与えてあげると、ストレス解消・痒み・イタズラ防止と少しずつですが効果もあがると思います
おやつは最初はあげるタイミングがはかれないと思います
むやみに与えて食事を取らなくならないよう、トイレが上手に出来た時やオスワリ・マテなどしつけ時に使う方が与えやすいでしょう
簡単ですが説明させていただきました
これがすべてではないですが初めて育てる方には参考になると思います

子犬を思いながらいろいろと揃えたりする事もきっと楽しいことでしょう
最低限のしつけをしてあげる事によってもっと楽しみも増えると思います
そして。。いよいよ子育て!
大変な事もあると思いますが頑張って下さい
応援しています♪

お迎えについて

  • お迎えは生後60日以降、ワクチン1回接種後となります
  • お迎えの日程は事前お話しをしてから決めさせていただきます
  • 当日(見学も含めて)子犬と接触しますのでペットショップなどのお立ち寄りはご遠慮下さい準備などは事前に揃えておいて頂いて当日はお迎え後ゆっくり過ごす時間が取れる日をお迎えの日に決めてください